荷物や距離によってはバイク便を利用しよう

バイク便と軽自動車便を比較してみよう

配達距離によってどちらがお得かは変わってくる

料金の比較で言えば、短距離の配達ならバイク便に軍配が上がります。逆に長距離の配達になると、軽自動車便の方が安くなる場合が多いです。その境目は、おおよそ15km前後です。また、運べる荷物の大きさや重さにも違いがあります。バイク便は後部座席に固定されたコンテナの中に入るものしか運ぶことはできませんが、軽自動車便ならそれ以上のサイズのものでも運べます。

配達完了までにかかる時間にも差が生まれる

バイク便は交通渋滞を苦にしません。信号待ちで車が長い列を作っていても、その脇を通り抜けることができるからです。都市部においては工事や事故がなくても渋滞は発生します。遅延を防ぐためにバイク便を選択する人は多いです。ただ、空いた道を通る場合や、高速道路を使って遠距離配送する場合などには、軽自動車便の方が到着が早くなることも考えられます。

バイク便を利用する際に知っておきたいポイント5つ

荷物の大きさと重さの制限は要チェック

一般的なバイク便のコンテナの大きさは、幅・奥行き・高さがそれぞれ40cmほどです。そのため、これ以上のサイズのものは運ぶことができません。また、重量も20kgほどが限界値となります。事前に荷物のサイズや重さをチェックして、バイク便で大丈夫かどうか確認することは大事です。

待たせると追加料金が発生することもある

連絡をすれば数十分で荷物を受け取りに来てくれるのがバイク便の良さですが、来てくれた人を待たせてしまうと、別途料金が加算されることがある点には注意が必要です。10分待たせるたびに500円ほどの料金が加算されてしまうことがあるので、いつでも荷物を受け渡せる状態になってから電話をしなければいけません。

保険の有無についても調べておきたい

荷物に保険をかけてくれる業者もあります。保険がかかっていると、交通事故に遭った場合でも経済的な損失を出さずに済みます。配達スタッフも安全運転には気を付けていますが、交通事故というのは向こうからやってきて避けられない場合があります。万が一のときのために、利用する業者が保険をつけてくれるかチェックしておくのがおすすめです。

細かいサービスについても知っておくと便利

バイク便には、いくつか細かいサービスが用意されています。例えば、終了報告が欲しい場合は、希望すれば配達完了後にその旨を連絡してもらえます。きちんと相手に荷物が届けられたことを確認できるので、大きな安心に繋がります。他にも、買い物をして商品を配達してもらえたり、定期便にしてもらえたりするサービスが用意されています。

荷物によっては他の選択肢もある

多くのバイク便業者が、軽自動車便にも対応しています。サイズや重量がオーバーしてしまうときや、遠距離の配達をお願いする際には、軽自動車便という選択肢も考慮に入れるのが正解です。配達の方法はいくつかあって、それぞれに長所と短所があります。バイク便も、あくまでも数ある配達方法の中の一種だということを忘れないようにすることが大事です。

荷物や距離によってはバイク便を利用しよう

バイク

近場に届けるならバイク便が最適

世の中には様々な配達手法が存在していますが、近場に軽い荷物を届けるのであれば、最適なのはバイク便になります。なぜなら、まず料金が安いからです。10km未満なら軽自動車便よりずっと安いですし、経費削減の効果も得られます。
また、小回りが効くので迅速に荷物を相手方に届けてくれます。交通渋滞を物ともしないため、一分一秒を争うという場合にも有効な選択肢となります。連絡をすれば数十分で来てくれるという点もありがたいポイントです。

距離によって料金が異なる仕組み

バイク便は、普通の宅配便のように荷物の大きさや重さで料金が決まるわけではありません。荷物の大きさや重さには一定の制限があって、その範囲内ならどれも同じだからです。
では何によって料金が変動するのかと言えば、輸送距離によります。基本的に短距離輸送の手段となるバイク便では、1kmごとに細かく料金が変動していくことが多いです。もちろん、距離が短ければその分料金は安くなります。ちなみにこの距離は通常、地図上の直線距離が採用されます。

利用頻度が高いなら回数券を検討

会社でバイク便を使う際には、利用頻度が高くなることも考えられます。特定の取引先との書類のやり取りを毎回バイク便で行うなら、週に何度も使うことになります。
十回以上の利用が想定される場合は、回数券の利用を検討してみることをおすすめします。回数券を使えば、一割から二割ほどは値段が安くなってお得だからです。ただでさえ安いバイク便の料金を、さらに一段階引き下げることができます。回数券なら支払いも楽に済ませられて便利です。

電気バイク便で地球にも優しい

最近は、電気バイク便の導入を進める業者も増えてきました。都市部では排気ガスによる環境汚染が問題視されていますが、電気バイクなら排気ガスを一切出さないので非常にクリーンです。いくら走ったところで地球環境を汚染することがほとんどありませんし、音も静かなので騒音問題も改善されます。
電気で走るからといって走行性能が極端に落ちるということもありませんし、配達のスピードも従来のタイプと比べて遜色ありません。

広告募集中